BLOG


焚き火料理と星を観る会



都留でも稲刈りが順次進んでいく中、

理事の新関が宮城の酒蔵ボランティアで知り合った

Nataliaがわざわざ都留に遊びにきてくれました。

(ロシア生まれ、育ちは日本、現在イギリス留学中)

曰く、「日本ではまだ農的な生活をしている人の実際をみたことがない」

という興味だったとのこと。

ともあれ、多少畑仕事を一緒にした後、

夜は地元の若者も交えて畑で焚き火料理の会をしました。

そこでは焚き火はもちろんのこと

「星」の美しさに皆心を奪われました。

僕自身も黙って星を見上げるうちに、主に学生時代に

いろいろなことを感じ、行動するきっかけとなった

出来事を思い出していきました。

そして、北海道、オーストラリア、セネガルその他の土地で

寝ながら星を見上げてたときのことを思い出し

やってみました。

寝転がってみるとまた星は違って見え、

ものすごく感性に訴えてきました。

自分がいったい何を求めて移住までし、

さらにそれを発展させていこうとしているのか

思い出させてもらったような。。。

しかもいい感じで眠くなる(笑)

なんと素敵な体験だろう。。。

今後も焚き火をしながら星を観る会をやろうと

心に誓いました。興味ある方は連絡くださいませ。

お知らせを送ります。



関連記事はこちら


コメントを残す