BLOG


猫の生態



f:id:crazyworks:20110806083340j:image:w360:right

f:id:crazyworks:20110805122739j:image:w360:right

f:id:crazyworks:20110806091107j:image:w360:right

猫と暮らすようになっていろいろな顔をみることができて

面白いです

うっとりしたり

妙な姿勢で寝たり

車のシートに脚かけて

モデルのような脚を見せびらかしながら毛づくろいしたり(笑)

クレイジーワークスでは、完璧な計画が整わなくても

理屈で説明できなくても、心の針が触れることを

思い切ってやっていくことを推奨しています

そうすると、思いもよらなかった道がひらけたり

想像してなかった角度からほしかった幸せが

手に入ったり

計画や論理は日常をうまく進める強力なツールだけど

「幸せがかかった選択」のときはときとして

できない理由を増やしてしまう。

今回猫を拾うときもそうでした。

「お金が。。。」「病気になってってるし」

「知識も準備もないのに。。。」

といろいろだめな理由は思い浮かんだけど同時に

「めっちゃかわいい!しかもこんなになついて。

うちにくるためにいるような気がする。

しかも車に乗り込んできちゃった!

他の人達にはそんなことしてないのに、うちのとこにきた!」

というのがあって、

迷いながらも連れ帰ってきたわけです。。。

もちろんうまくいくことばかりじゃないけど

うまくいかないこともあることを理由に、

自分にとって欠かせない幸せをも選択しないのはもったいない。

そんなことを改めて実感させてくれた猫でした。

ちなみにまだ名前は降りてきません(笑)



関連記事はこちら


コメントを残す